フジミ模型 1/700 艦NEXTシリーズ No.8 日本海軍航空母艦 信濃 色分け済みプラモデル製作レビュー④

航空母艦:信濃

こんにちは,もっちーです.

この記事はフジミ模型 1/700 艦NEXTシリーズ No.8 日本海軍航空母艦 信濃 色分け済みプラモデル製作レビュー④となります.

前回はこちらの記事となります.

フジミ模型 1/700 艦NEXTシリーズ No.8 日本海軍航空母艦 信濃 色分け済みプラモデル製作レビュー③
こんにちは,もっちーです. 前回の続きから信濃の製作を進めていきます. 1.艦NEXT航空母艦:信濃の艤装(ぎそう)製作 1.1 測距儀(そくきょぎ) 1 まずは測距儀です. 見てのと...

 

いつものようにネットサーフィンをしていたら気になる情報をゲット.

フジミ模型の新商品で,色分け済みの戦艦長門が発売されるみたいです!
色分け済みプラモデルとして戦艦金剛が発売されていますので,その第2弾が戦艦長門というわけですね♪

 

 

それでは,信濃を製作していきます.

 

艦底の組立

1.舵&副舵

船体はほぼ完成といっていましたが,艦底のスクリューや舵の組立をすっかり忘れていました.
完全に盲点でした・・・

ただ,フルハルの艦船模型は製作途中にスクリューや舵を破損しがち

したがって,後半に組立てるのはある意味正解なのです!と言い訳をしときます.

 

 

 

20181010075226c70.jpg
1
まずはひっくり返して艦橋を破壊しないように台へ固定します.

こうなることなら艦橋を接着する前に作業するべきでした・・・今後製作する方はお気を付けください.

 

 

20181010075231a97.jpg
2
艦底には画像のようにダボ穴が複数あります.

あくまでも予想なのですが,スクリューシャフトや支柱のダボが奥まで入らないと思われます.
これまでの傾向から鑑みても,奥まですんなり入ったダボはありませんでしたし.

まあ,すんなり入りすぎて抜けてしまうのもよくないですが.

 

 

 

201810100752382a5.jpg
3
使用するランナーです.

舵は2パターンあって自由に選択できます.
左が新考証の舵だそうです.

 

 

 

20181010075238e76.jpg
4
せっかくなので,僕は新考証の舵を選択しました!(^^)!

ちなみに小さい舵は副舵です.

 

 

 

2018101007523769e.jpg
5
舵を接着しました.
パーツの合いはばっちりです!

あ,もちろんダボは短く切断しています.

若干艦底と舵の色が違いますね.カメラの明度が影響したんだと思います.

 

 

 

2.スクリューシャフト&スクリューのゲート処理

201810100752382a5.jpg
6
こちらがスクリューシャフトスクリューのランナーです.
見てのとおりスクリューはゴールドの色付きランナー!

フルハルの見せ場であるスクリューが艦底色ではつまらないですからね.
これは非常にありがたい限りです!(^^)!

 

 

 

20181017080403599.jpg

20181017080403745.jpg
7
まずはランナーから切り出します.

ゲートはわざと残しています.
これを白化しないように処理していきます.

 

 

 

20181017080403929.jpg
8
今回使用した工具は3点です.

画像の左から「薄刃ニッパー」「片刃ニッパー」「スポンジヤスリ」で,これは使用する順番でもあります.

主な3工程
1.薄刃ニッパーでランナーからゲートを1mm程残して切断
2.片刃ニッパーでゲートを0.2~0.3mmまで切断 (紙1枚ほどの段差がある感じ)
3.スポンジヤスリで段差をなくす
終了!

 

 

 

<スクリューを例とした3工程 (左から1,2,3)>

201810170803568be.jpg

 

 

<スポンジヤスリ>

20181017080354f39.jpg

この3点セットがあればゲートの白化を気にせず簡単に処理ができます(^^)

created by Rinker
ゴッドハンド(GodHand)
¥7,000 (2021/06/14 22:43:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
スリーエム(3M)
¥314 (2021/06/15 07:12:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

20181017080550bc7.jpg

201810170805546bc.jpg
9
ゲート処理完了後です.

ほとんど白化していないのが確認できると思います.
特に艦底色のような赤に近いパーツが白化すると目立つので気を付けたいところです.

 

 

3.スクリューシャフト&スクリューの組付け

ゲート処理したスクリューシャフトとスクリューを艦底に組付けていきます.

まずは,そのままダボ穴に差し込んでみます.

 

 

結果
20181017080559e6c.jpg

20181017080558d80.jpg

20181017080559e73.jpg
10
ガンプラを組む時とほぼ変わらない力で押し込んでも,画像ほどの深さまでしか入りません.

これ以上押し込むと破損または後戻りできなくなる可能性があったので挑戦していません.
ただ,もう少し力をいれたらしっかり入るのかもしれません・・・

 

 

 

20181017080741356.jpg
11
いつもどおりダボを短く切断した後の画像です.

これくらい短くすればすんなりはまってくれます!

 

 

 

201810170807435a7.jpg
12
組付けが完了しました.

スクリュー支柱のダボ穴が広めになっていて,少し隙間が空いてしまいます.
う~ん,ちょっと残念です・・・

まあ飾る際はほとんど見えないので問題はないと思います.

 

 

 

2018101708074538b.jpg
13
スクリューも画像のように奥まで入らないので,ダボを短く切断した方がいいです.

試しに強く押し込んでみたら,

スクリュー支柱が変形して白化しました!(激怒です)

皆さんはそうならないように気を付けてください.

 

 

 

フジミ模型 1/700 艦NEXTシリーズ No.8 日本海軍航空母艦 信濃 色分け済みプラモデル製作レビュー④のまとめ

今回は艦底の組立がメインでした.

それでは仕上がりをご覧下さい.

20181017080808755.jpg

20181017080746bc0.jpg

201810170808127bf.jpg
14
フルハルの見せ場である艦底の組立が完了しました!

やっぱりスクリューや舵があるとかっこいいです(>_<)

モチベーションも上がったので,このまま一気に残りの工程を終わらせたいところです.

 

それではまた~

フジミ模型 1/700 艦NEXTシリーズ No.8 日本海軍航空母艦 信濃 色分け済みプラモデル製作レビュー⑤
この記事はフジミ模型 1/700 艦NEXTシリーズ No.8 日本海軍航空母艦 信濃 色分け済みプラモデル製作レビュー⑤となります. 前回はこちらの記事となります. 今回は少し悲しい内容を含んだ記事になります....

 

 

コメント

  1. るぃ より:

    SECRET: 0
    PASS: ec6a6536ca304edf844d1d248a4f08dc
    こういうのを見ると、やはりガンプラと言うかバンダイのプラモデルの精度の高さを思い知らされますね……

  2. もっちー より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    るぃ さん

    いやあ~,その通りですね(^_^;)

    このシリーズは気に入っているので,今後のフジミ製品に期待です!

  3. […] フジミ模型 1/700 艦NEXTシリーズ No.8 日本海軍航空母艦 信濃 色分け済みプラ… […]

タイトルとURLをコピーしました